スマホとタブレットの2台持ち? 用途で使い分けることが重要

外ではスマホ、家ではタブレット、タブレットは画面が大きく映画やWebを見るのにすごくいい!


■スマホの画面が小さくて不便に思ったことはないですか?

スマホはとても便利な道具です。
どこに持ち出してもネットにつながりますし、
いろいろなアプリを使って楽しめます。

とても便利ですよね。
でも、ネットを見ているときに、
「画面が小さくて不便」と思ったことはないですか?

スマホは小さくて便利な反面、じっくりネットを検索したり、
商品の比較をしたり、あるいは動画を観たり写真を見たり、
そういうときは画面がもうちょっと大きかったらな〜と思いませんか?

パソコンを使えばいいのですが、デスクに座らないといけないし、
パソコンを起動するには数分かかるので、
何となくおっくう

ベッドやソファでスマホのように軽く見ることができたら便利なのに…

そんな悩みにお答えするのがタブレットです。
スマホより格段に情報量が多く、見やすい
それでいてパソコンのような面倒がなくスマホのように使えるのです。

ベッドやソファに座ったり寝っ転がっても使えるのです。
次にタブレットの機能を見ていきましょう。


■タブレットはスマホとパソコンのいいとこ取り

タブレットを一言で言えば、
「画面の大きなスマホ」です。
ですが、ただ画面を大きくしただけじゃありません。

スマホで使えるアプリは、タブレットで使うと
広い画面を有効に使えるようにアプリが再設計されています。
だから、同じアプリでも画面が広い分、使いやすくなっているのです。

広い画面に多くの情報が表示されるので、一覧性が良く
スクロールする手間もないのです。

もちろん操作性は、スマホと変わりませんので、
スマホに慣れている人は、タブレットでも違和感はないでしょう。

ネットで検索をよくする人は、タブレットではPCと同じ画面が
見ることできるますので、やはり見やすさが圧倒的に良いです。

スマホでも、PCと同じ画面を見ることはできますが、
拡大して、縦や横にスクロールしてみることになりますので、
かなり一覧性は落ちます。

動画を観るときはタブレットの効果が絶大です。
ユーチューブの動画を観るにしても、
hulu(フールー)などと契約してネットでドラマや映画を観るにしても、

タブレットの画面サイズで観るとしっかり細部まで観られます。
動画を観る機会が多い人にはタブレットは嬉しいでしょう。

最近では、マイクロソフトのオフィスのアプリも提供され、
タブレットでできる機能も増えています。
画面が大きい分だけ、画面上のキーボードに両手で打てます。

だから、スマホに比べて速く入力できます。
タブレットは、スマホとパソコンのいいとこ取りなのです。

そんなタブレットは何を選んでどう買えば良いのでしょうか?


■タブレットを選ぶならWi-FiモデルのiPadがおすすめ

タブレットを買う場合には、使う場所と使う目的をはっきりさせましょう。
スマホを持っている、持っていないにかかわらず、
タブレットは自宅で使うケースが多いと思います。

デスクに座り、パソコンに向かってやっていたネット検索や動画を観ることを、
ソファやベッドに寝っ転がって、あるいはトイレの中で
タブレットでするといった使い方が一番多いと思います。

そうであれば、自宅のWi-Fiに接続して使えば良いので、
タブレットのWi-Fi版を買えば良いのです。
Wi-Fi版でないものは、セルラー版とかLTE対応版などといいます。

Wi-Fi版は家電量販店やネットで買えます。
セルラー版は、ドコモやソフトバンクなどの携帯電話のお店、
もしくはネットでも契約ができます。

本体料金だけ払うのがWi-Fi版と思えば良いでしょう。
分割払いをした時を除いて、月額の費用は発生しないのがWi-Fi版です。

もし、「外でも使いたいよ」という場合は、
Wi-Fiスポットの契約をする手があります。
月額500円程度で契約でき、カフェなどでWi-Fiに接続できます。

最近は無料で使えるWi-Fiも多いのでそういうものを利用する手もあります。
もし、スマホを持っているのなら、「テザリング」の契約をして
必要な時は、「テザリング」でタブレットをネットにつなぐ方法があります。

テザリングは、月額500円くらいのサービスですが、
4Gスマホを契約してから2年間は無料としているものもあります。
契約しているキャリアに確認してみてください。

どんなタブレットを選ぶかですが、もしiPhoneを使っている人でしたら、
 iPad Airをおすすめします。
画面が大きく、性能も良いので、自宅で使うにはちょうどいいのです。

iPhoneと同じアップルIDを使えば、有料のアプリも追加料金なしで付けますし、
操作性もiPhoneとiPadは同じですので、すんなり使えます。

ただ、iPad Airは高いので、もっと安いものをという場合は、
iPad miniが値段が安くてコストパフォーマンスがいいです。
画面サイズがちょっと小さくなりますが、持ち出すときにもコンパクトで良いのです。

Androidのスマホをお持ちの方は、同じAndroidのタブレットにする手がありますが、
もし、操作性に不満を持っているのでしたら、iPadに変えてみるのも良いでしょう。

Androidのタブレットである程度性能があるものとなれば、
なかなか2万円以下では変えません。
iPad mini程度の値段になってしまいます。

高性能なものは、iPad Airとそう変わりません。
同じくらいの値段を出すのであれば、使いやすいものを選んだ方が良いでしょう。

使いやすさの他に、iPadを持つ最大の利点は、
 将来のバージョンアップにも長く対応してくれる
ということがあげられます。

Androidは、メーカーがバージョンアップを担当しますので、
大きなバージョンアップに対応してくれません。
たとえば、今回Android5.0がGoogleが発表したましたが、

それに対応しているのは、Googleが共同開発した
Nexus(ネクサス)シリーズだけなのです。

それに対し、先日アップルがiOS 8.0という最新版を発表しました。
iOS 8.0にバージョンアップできないiPadは、
2010年(5年前)に発売された初代のiPadだけです。

2011年(4年前)に発売された、2代目iPad以降はすべて最新版になるのです。
こういうところが、iPadを選択する理由のひとつでもあるのです。
iPadはガラス面のコーティングも強化していて、傷が付きにくく長く使えるのです。

使いやすく、この先も長く使えるiPadを選択してみてはどうでしょうか?